入園動機=教育に拘ろう

執筆者
石田敦志

私立幼稚園経営コンサルタント&三つ子の父

みんなをHAPPYに!という信念のもと、幼稚園経営、教職員育成を支援している。
自身の経験を活かしたコンサルティングが人気。
【問合】
aishida44@edure.jp

 園児の保護者は何がよくてあなたの園を選んだのでしょうか? 家から近いから? バスが近くまで来るから? 預り保育の時間が長いから? 今後は園児数ではなく、入園動機に拘ってください。「通園が楽」等のサービス内容ではなく、「園の方針と教育内容」を動機として入園する人を増やしましょう。サービスが入園動機の人が増えると、要望とクレームが増えます。そして先生が退職する等の影響が出ます。入園動機が教育で、園の教育方針・内容に賛同している協力的な保護者が増えると、園の雰囲気がよくなり、園運営がスムーズになり、先生の仕事も楽しくなります。結果、退職が少ない職場になります。教育が入園動機の人が増えると、地域に口コミが拡がります。そして園児募集をしなくても向こうから集まってくるようになります。「教育を柱とした園」として人気園になるために、入園動機が教育であることに拘りましょう。教育・保育、特に教育の説明力を磨きましょう! 入園動機が何になるかは、園の説明内容次第です。

メールマガジン配信中

パステルIT新聞では紙面では伝えきれない石田氏のメッセージをメールでお届けしています。

【こんな内容をお送りしています】

  • 園児が集まってくる幼稚園になるノウハウ
  • 幼稚園経営を通してみんながハッピーになる方法
  • 幼稚園の素晴らしいところ!
  • 教育の素晴らしいところ!
  • 幼稚園経営が楽しくなる情報!

お申し込みはこちら ※メール配信元アドレスは【fun@passtell.jp】

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題