ルールを理解して臨もう

執筆者
石田敦志

私立幼稚園経営コンサルタント&三つ子の父

みんなをHAPPYに!という信念のもと、幼稚園経営、教職員育成を支援している。
自身の経験を活かしたコンサルティングが人気。
【問合】
aishida44@edure.jp

 昨年度の決算はいかがでしたか? 未来への投資ができる収支差額を生み出せたかが重要かと思います。傾向としては私学助成よりも新制度の方が決算は良いようですが、新制度の幼稚園・こども園でも決算が思わしくない園がありました。原因は様々ですが、共通しているのは制度の理解不足でしょう。ルールを理解していれば悪い結果にはならないものです。園児数の多さが勝負の私学助成と園児数に対する教員の多さが勝負の新制度では運営の内容が変わります。補助金(助成金・給付金等)の申請方法の理解度が低く、適正に補助金が支給されていない園も結構ありました。野球でも将棋でも受験でも、ルールの理解が深い者が有利になります。特に私学助成から新制度へ移行した場合はルールが大きく変わっているので注意が必要です(教育は変わりません。教育を支える運営内容が変わります)。ぜひ、決算の結果が良くても悪くても「どうしてこうなったのか?」を確認しておきましょう。この「確認」がルールの理解を深めます。

メールマガジン配信中

パステルIT新聞では紙面では伝えきれない石田氏のメッセージをメールでお届けしています。

【こんな内容をお送りしています】

  • 園児が集まってくる幼稚園になるノウハウ
  • 幼稚園経営を通してみんながハッピーになる方法
  • 幼稚園の素晴らしいところ!
  • 教育の素晴らしいところ!
  • 幼稚園経営が楽しくなる情報!

お申し込みはこちら ※メール配信元アドレスは【fun@passtell.jp】

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題