コラム

石田敦志
2020.2.18
 園経営では様々なことが起こりますね。中でも人間関係の問題は深刻です。保護者からのクレーム・過度な要望、保護者同士・保護者と教職員・教職員同士のトラブルで、どうすればいいのかわからないと感じたこともあ...
石田敦志
2020.1.17
 我が家の今があるのは、3人の子ども達が出会った幼稚園と先生のおかげです。0から2歳の子育てが大変で苦しんでいる時に出会い、子どもたちの成長をたくさん教えてもらいました。そのおかげでだんだん家族生活が...
石田敦志
2019.12.18
 待機児童が解消すると、人は「どこでもいい」から「自分にとって良い園」を探すようになります。入園も就職も「この園の教育・保育がいい、先生になりたい」という思いで人がつながる「ファンが集まる学園」でいて...
石田敦志
2019.10.18
 0~5歳の学園専門でコンサルティングをしています。お客様は学校法人が多く、約100園です。毎日様々な課題について話をしていると、地域性や教育特徴・園児数などの違いで、私学助成幼稚園・施設給付型幼稚園...
石田敦志
2019.9.20
 園の未来を創るために、幼児教育4年体制への変化、人を育てることができる先生を採用できる職場創り、園(教育・保育と安心でやりがいある職場)の認知度を上げる広報活動に取り組みましょう。特に、先生を採用で...
石田敦志
2019.8.16
 今年は新卒先生の退職が多いです。心理的な理由ですが、根本は時間的負担です。時間・お金・人数など、人は数に追われると余裕がなくなり、焦りやイライラが生まれ、人間関係に問題が起こります。人間関係がよくな...
石田敦志
2019.7.19
 6月に行われた保育博では、「幼保こ」の壁がなくなり集約する雰囲気を感じました。情報は取捨選択しなければいけませんが、集めることには貪欲にならないと時流に適応できません。保育料無償化で大きなお金が公金...
西畑恭二
2019.7.19
昨年大阪北部地震ではすぐ園児が園庭に集合した  2019年5月、学校法人高槻双葉学園幼稚園型認定こども園高槻双葉幼稚園(大阪府高槻市)では、園内にてJアラート発令時に爆風から身を守る訓練...
西畑恭二
2019.5.17
「楽しく真面目に」という理事長の方針で、保育者も園児も笑顔が多い。IP無線機による安心感ある環境でのびのびと遊ぶことができる  2019年4月8日、快晴の日に、社会福祉法人笑顔...
石田敦志
2019.5.17
 これから、若者が年配の方を支える社会から、年齢関係なく、支えられる人が支え続ける社会になります。定年がなくなり、できるだけ長く働く社会に変わります。90歳でも元気で働いている人は、社会保険料を払い、...
石田敦志
2019.4.22
 少子化や園数の増加によるひどい競争状態に影響して園に主導権がない運営をすると、園は弱い立場に置かれていきます。いつしか「入園してください」「就職してください」というスタンスになり、入園・就職してくれ...
石田敦志
2019.3.18
 お元気ですか? 初めて園で話をした時に「お母さん大変でしたね。これからは一緒にがんばりましょう」。涙が止まりませんでした。「自分のことをたっちゃんではなく、ボクというようになりましたね」。自分では気...
西畑恭二
2019.2.18
画像送信のマニュアルを作成。災害時も慌てずに対応できる  園児340名が通う学校法人上田学園高坂幼稚園(愛知県名古屋市)では、毎日4台のバスが走り、計8つのバスコースで園児の登降園を...
石田敦志
2019.2.18
 団塊世代200万人が退職し、新社会人は100万人。2030年には800万人の労働力不足になります。若者と年配者の比率が1対1になり、若者だけでなく全員で社会を支えます。定年が伸び、女性の社会進出が進...
石田敦志
2019.1.17
 「お金を払っているからいただきますと言わせないでほしい」「お金を払うから発表会のいい席を用意してほしい」など人は様々な価値観を持って生きています。価値観の多様化です。本当はお金を払う方がありがとうと...
石田敦志
2018.12.17
 「人には役割がある」。みなさんを取り囲む環境が大きく変化していますが、この変化に負けず、園で働くみなさんが仕事と職場に誇りを感じ、いつまでも多くの方に喜ばれる充実した幸せな人生を送っていただきたいと...
西畑恭二
2018.12.17
 幼保連携型認定こども園まつがえこども園(神奈川県相模原市)は、2018年6月に株式会社ニシハタシステムが提供する広域通信エリアを持つIP無線機を導入しました。1階の事務所と2階に1台ずつ、持ち出し用...
石田敦志
2018.11.16
 幼稚園も0~2歳の子どもを受け入れ、長時間開園になりました。これから無償化がはじまり、子ども子育て支援新制度も新しい段階に移ります。業界を取り囲む環境が大きく変わる中で、どんな園づくりをしていきます...
久保田カヨ子
2018.11.10
「マンマ」「パパ」と単語を口に出し、意味がわかるようになって、意志も通じるようになると、急速にお母さんの言葉をおうむ返しに発音できるようになります。 この時期、子どもは、自発的にしゃべるための発声練...
久保田カヨ子
2018.10.23
2~3歳ぐらいまでのお子さんには、平衡感覚をきたえる遊びをさせてください。このころはよくころびますが、案外大きなケガをしないものです。 ところが、、4~5歳になって初めて前にころんでしまうと、両手を...