WEBコミュニケーションが始まる

執筆者
石田敦志

私立幼稚園経営コンサルタント&三つ子の父

みんなをHAPPYに!という信念のもと、幼稚園経営、教職員育成を支援している。
自身の経験を活かしたコンサルティングが人気。
【問合】
aishida44@edure.jp

 休園によって崩れた子どもの生活リズムを整えるために、ズームでご家庭と園を結び、WEB上で保育を実施している園があります。ズームはインターネットを通してテレビ電話ができるシステムです。9時半にズームに集合して朝のあいさつ、先生が名前を呼んで返事をする。11時に再度集合して先生と一緒に体操して体を動かす。15時に集合して、先生とさようならの挨拶をする。一つの活動は10分くらいです。決まった時間に集まることで、生活リズムを整えるサポートができます。WEB保育はパソコンなどの画面を通して簡単にできます。個別でも、複数人数でもできます。WEBコミュニケーションは、新型コロナが落ち着いた後も様々な面でコミュニケーションの主役になります。未就園児や在園児向けには一時的なものですが、採用活動では新型コロナが落ち着いた後も、就職説明会・質問会・面接などに活用することになるでしょう。特に本年は直接会う採用活動は難しいようです。WEBコミュニケーションの体制を整えましょう。

メールマガジン配信中

 パステルIT新聞では紙面では伝えきれない石田氏のメッセージをメールでお届けしています。

【こんな内容をお送りしています】

  • 園児が集まってくる幼稚園になるノウハウ
  • 幼稚園経営を通してみんながハッピーになる方法
  • 幼稚園の素晴らしいところ!
  • 教育の素晴らしいところ!
  • 幼稚園経営が楽しくなる情報!

お申し込みはこちら ※メール配信元アドレスは【fun@passtell.jp】

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

関連商品

※ 掲載商品の価格は公開当時の価格となっております。

  • 園向けnanoty

注目の話題