コラム

石田敦志
2015.3.20
 タイに行きました。感想は「日本は少し無理している国だな」です。時間がゆっくり流れるタイの方が、私はいい国だなぁと思ったのです。もう少し気楽に、切羽詰まらず、悲壮感のない生き方があってもいいんじゃない...
石田律子
2015.3.20
今月のエプロンカラー「さくら」  白に見えるほど淡い色から濃い紅色まで、桜には何百もの品種があるそうです。この春入園した子どもたちはどんな色の桜を見ているでしょうか。英語の「チェリー」は...
大嶽広展
2015.3.20
 2月5日の子ども・子育て会議で公定価格(案)が発表されました。当初仮単価として出ていた「質改善前」「質改善後」を上回る単価に改善されていたことは読者の皆さまもご承知のことと思います。特に小規模保育の...
石田律子
2015.2.20
今月のエプロンカラー「ひよこ」  タンポポ、菜の花、水仙。黄色い花が咲き始めると春の訪れを感じますね。明るい黄色は遠くからも目にとまりやすく、元気で生き生きしたイメージを持っています。よ...
石田敦志
2015.2.20
 「ここで働けてよかった」と思ってもらうにはどうすればいいか? という相談を受けます。私は「既にそうなっていますよ」と答えますが、働けてよかったという意識は「未来もずっと働きたい・今働けていることが幸...
大嶽広展
2015.2.20
 小規模保育は0~2歳を対象に定員19名以下でお預かりする文字通り小規模の保育園です。2015年は小規模保育の施設が飛躍的に増えると言われています。学校法人様や社会福祉法人様の開設も増えることでしょう...
石田敦志
2015.1.20
 新幹線から見る富士山は、角度なのか時間なのか見え方が全く変わります。一つの物事を人が様々な捉え方をするのと同じです。他の人を自分と同じように見るようコントロールするより、そういう見方もあるのかと認め...
大嶽広展
2015.1.20
 小規模保育は大きく分類して、A型、B型、C型に分かれます。A型は保育所の分園に近い形、B型はA型よりも保育士配置基準が緩和された形、C型は家庭的保育がグループになった形です。この小規模保育ですが、平...
石田敦志
2014.12.22
 パール幼稚園の野村先生から採用ムービーを見せてもらいました。映像の中のフレーズ「人生を切り拓く準備はできている?」にハッと気づかされるものがありました。「そうだ! 働くって自立して人生を切り拓くこと...
大嶽広展
2014.12.22
 地域型保育給付事業の中でも、とりわけ小規模保育への期待や注目が高まっています。都心部の待機児童解消や、今後は私立幼稚園における0~5歳の一貫した保育体制の構築にも役割を発揮すると言われています。しか...
石田敦志
2014.11.20
 人を育てる行動だけではなく、個性を認めながら、その人の力が最も伸びて本領を発揮できる適材適所配置も追求してください。具体的には適所の開発です。社会の環境が変わり、選択肢が増え、様々な価値観が溢れてい...
大嶽広展
2014.11.20
 公募・プロポーザルを攻略する上で最も重要なのが「自園の強み」を提案書に盛り込むことです。例えば、保育所を複数展開している場合は人材の活用を、幼稚園ならば3~5歳の教育カリキュラムを、介護施設を持つ社...
大嶽広展
2014.10.20
 前回まで公募・プロポーザルのご紹介をしてきましたが、急遽変更してご案内します。9月17日に政府から発表された意向調査結果によりますと、回答した幼稚園6,805園のうち、来年度に新制度に移行すると回答...
石田敦志
2014.10.20
 新制度が始まると、園を選ぶ時の価格基準が明確になります。明朗会計の世界です。明朗会計の世界は、園を利用する保護者にはとてもよいことです。  しかし…、園にとっては厳しい世界かもしれません。今ま...
大嶽広展
2014.9.22
 公募・プロポーザルを攻略する上で、前回は全体の流れをご説明しましたが、今回から複数回に渡り、「申請・提出種類のポイント」についてご紹介いたします。  申請書類は分類すると、以下の3つに分かれま...
石田敦志
2014.9.22
 新制度が始まります。自治体ごとの条件も徐々に出てきています。新制度によって変わるのは制度内容だけではありません。保護者が園を選ぶ時の選択肢が増え、園を選ぶ時の価格基準が明確になります。当然、保護者が...
石田敦志
2014.8.20
 実習生を受け入れていますか? 幼稚園も保育園も人が足りない時代がやってきます。そもそも、この世界で働きたいという人が少ないです。実習は、学生がこの仕事の素晴らしさを知るいい機会です。短い期間に少しで...
大嶽広展
2014.8.20
 当社ではこれまで認可保育所、認証保育所、小規模保育、公立学童クラブ、児童館などの公募・プロポーザルのサポートを行ってまいりました。単に公募・プロポーザルと言っても、現実問題として、「出来レース」もあ...
大嶽広展
2014.7.22
 まず理解しておかなければならないのは、「なぜ、公募・プロポーザルを行う必要があるのか」ということです。単に施設を増やすことが目的ではありません。しかし、一般的には、一法人(企業)一施設はリスクが高く...
石田敦志
2014.7.22
 あなたの園には夢がありますか? こうなりたいという理想の姿はありますか? 園長先生、夢・理想の姿を職員の皆さんに語っていますか? 何か意味があって今、園長先生なのだと思います。またとない、この貴重な...