子どもたちが健やかに育つ 園運営のバトンを繋ぐ

コロナ禍で保育業界にかつてない環境の変化が訪れる中、園児の成長や保護者、保育者の生活を守るために重要となるのが「保育の継続性」です。

一向に減らない待機児童、希望する園に入園できない保護者の復職断念……。そして、新型コロナウイルスという予測不能な事態に、通常通りの保育、経営はできなくなりました。保育現場の社会課題を解決しようと、国や自治体は補助金や助成金を給付するなど業界の門戸は開かれているものの、事業を継続させる難しさから閉園を余儀なくされるケースも。

しかし、子どもたちが健やかに育つためには、「保育の継続性」が重要です。園の理念や保育方針、保育目標、食育といった「不変性」が大切なもの。これらを変わらず継続できるのは、園長先生、保育者の皆さんが変わらずに働ける環境があってこそです。

保育専門M&Aセンターは、日本で唯一保育専門のM&Aを行うプロ集団です。「保育は子どもの成長の柱であり、親の成長の柱であり、国の成長の柱である」という理念のもと、園児が変わらずに通園でき、保護者も変わらずに勤務でき、そして保育者の雇用が継続できるよう、次の世代へバトンを繋ぐ役割を果たすための支援を行っています。

執筆者
Do Ha Phuong
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題