幼保一体化時代の経営課題3

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 2つ目の課題は、「3~5歳の教育価値向上」です。平成27年度は保育園のこども園移行が非常に多かったのですが、これは保育園としても確実に教育に対する意識が高まることを意味します。その上で今後はこれまで以上に教育が多様化してくることが想定されます。その中で、それぞれの園が教育価値を見出していかなければなりません。具体的に何が重要になるのか? それは以下の2点です。

  • 1. 教育のコンセプト化・ストーリー化
  • 2. 教育のエビデンス

 これらの詳細は省略しますが、「自園の教育価値をより明確にして、分かりやすく伝える必要がある」ということです。長期的に見れば幼稚園も保育園も近い将来は「教育価値」が園の価値を決めることは間違いないでしょう。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題