全国4万人の園児の成長記録から発達段階に合った保育実践

保育士の負担軽減を目指す

 日本ユニシス(株)は、保育業務をサポートするクラウドサービス「ChiReaff Space(チャイリーフスペース)」を昨年7月にリリースしました。

 このサービスは、出欠管理や指導計画作成などの事務業務を効率化するだけでなく、園児の成長に合わせた保育をサポートします。保育者は、タブレットから園児の成長記録を登録。全国4万人の園児の成長データをもとに、発達段階に応じたケアがサポートされます。さらに、指導計画の素案が自動作成され、指導計画の熟考に集中できるようになっています。詳しくは公式サイトにて。

執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

注目の話題