幼稚園のお客様は誰ですか? 幼稚園の本当の役割

執筆者
石田敦志

私立幼稚園経営コンサルタント&三つ子の父

みんなをHAPPYに!という信念のもと、幼稚園経営、教職員育成を支援している。
自身の経験を活かしたコンサルティングが人気。
【問合】
aishida44@edure.jp

 「幼稚園にとってのお客様は誰だと思いますか?」まさか、保護者や子どもがお客様だとは思っていませんよね?保護者や子どもをお客様と考えた時点で、教育は成り立たなくなるはずです。

 幼稚園の役割は、保護者から預かった大切な子どもをしっかり育て、社会に戻すことです。そう考えたら、幼稚園にとってのお客様は、社会です。お客様が社会じゃなくなったら、幼稚園は廃れます。「子どもたちが自分の人生を切り拓き、自分で人生を歩いていく力を与え、それがよりよい社会づくりにつながっている」。それを実現するのが教育機関の役割です。これは大学コンサルタント時代に自分の中で定義したものです。今でも私の柱であり、園へのコンサルティングを支えてくれ、時折「石田、お前ぶれるなよ」と教えてくれます。

 法制度や激しい競争といった周囲の環境に左右されすぎて、幼稚園も保育園もこども園も、本来の役割=志を見失ってはいないでしょうか?子どもたちの幸せな未来を創り、よりよい社会を実現することが、子どもたちを育てる世界で働く人たちの役割です。

メールマガジン配信中

 パステルIT新聞では紙面では伝えきれない船井総研石田氏のメッセージをメールでお届けしています。

【こんな内容をお送りしています】

  • 園児が集まってくる幼稚園になるノウハウ
  • 幼稚園経営を通してみんながハッピーになる方法
  • 幼稚園の素晴らしいところ!
  • 教育の素晴らしいところ!
  • 幼稚園経営が楽しくなる情報!

お申し込みはこちら ※メール配信元アドレスは【fun@passtell.jp】

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題