3年後、5年後の経営を考える 「人材力」の構成要素

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 さて、前回までは今後3年~5年の経営を考えた際に、「ファンを創造する」という概念が最も重要であることを述べてまいりました。そして、ファン創造力の構成要素は、「ファン創造力=人材力× 独自価値× 発信力」。この3つを高めることによってファンは創造されるのですが、今回はその中でも「人材力」について詳細を述べたいと思います。

 私は人材力を高める方法とは、以下の二つだと考えています。

  • 1.意識の最大化
  • 2.環境の最適化

 今回ご紹介するのは1の「意識の最大化」です。意識を高めるためには、「成長の実感・達成感」と「存在価値の認識」が必要となります。自己目標の達成、キャリアアップ、保護者・先輩から褒められる、などが前者であり、責任ある仕事を任されたり、自分の意見が通って形になる、などが後者です。これらを園の仕組みとして導入することで、意識は高まるのです。

 一例として、「最近あった職員の素晴らしい行動」を会議の場で共有するだけでそれに寄与します。次回は「環境の最適化」についてご紹介する予定です。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題