超人材不足時代への対応1

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 ご存知のとおり、首都圏などの大都市圏では、認可保育所の新規開設ラッシュにより、ここ数年、人材不足が深刻化しています。これから保育士資格を取得しやすいように、政府は支援する動きを、子ども・子育て3法を軸に掲げています。

 しかし、正直なところ私の見解では、それでも人材が追いつかず、今後は「超人材不足時代」になると予測しています。既に、新卒採用は競争がより一層厳しくなっており、中には数百人単位で採用している企業も存在しているのです。このような時代を迎えるにあたり、今後は各法人、企業として「採用戦略」を経営の重要課題にしていかなくてはなりません。そのポイントを、次回からお伝えしていきます。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題