3年後、5年後の経営を考える 職場環境の最適化

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 さて、前回はファンを創造するために必要な最大の要素である「人材力」を、さらに構成する要素の「意識の最大化」についてご紹介しましたが、今回は「環境の最適化」についてご紹介したいと思います。環境を最適化するためには、以下がポイントとなります。

  • 1.働きやすさ
  • 2.働き方

 「働きやすさ」とは、理念・方針が明確、ビジョンが明確、職場の雰囲気が良い、自分のやり方で仕事が出来る、業務範囲が明確、性別や年齢の差がない、変化やスピードがある、福利厚生や手当てが充実、活気があり前向きな風土などの要素が求められますが、一方で「働き方」とは、多様な働き方がある、適正な労働時間、適正な休日、無駄な残業が無いなどの要素となります。

 環境を最適化するためにはいずれの要素も重要なのですが、特に「働きやすさ」については多くの保育園様を見ていますと、まだまだ改善の余地があるように感じます。

 職場の雰囲気を決めるのは園長と主任ですので、幹部を中心にこれらの環境改善を一度実施してみてください。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題