もしもしIT相談室「他園がICTを取り入れている業務の傾向を知りたい」

 ITを園で活用したいけど使いこなせるか不安……。 今月は、パステルIT新聞が実施したICT活用調査から、もしもしIT相談室〈特別編〉をお届けします。

Q.他園がICTを取り入れている業務の傾向を知りたい!

A. ペーパーレス化、保護者の満足度向上にICTを活用

2022年6月に創刊14周年を迎える小紙「パステルIT新聞」は、購読園を対象にICT活用の実態調査を行いました。
ICT活用について「興味がある」と回答したのは72.8%。園の業務にICTを取り入れていると回答した園は約8割に上りました。ICTを取り入れている主な業務は、名簿管理や登降園管理、預かり保育・延長保育管理、コロナ禍でニーズが増した写真販売、動画配信と続きました。

ITの力で幼児教育の質を高める研究会を開催 保育者の管理業務ゼロに
習慣化から質向上へ 動画配信の本質を
コロナ、悪天候。不測の事態もプレスクール継続 絶やさない子育て支援にオンライン活用

さらに、ICT活用園に「ICTが役立っている」と感じるシーンを聞いたところ、最も多かったのはペーパーレス化。続いて、保護者の満足度向上、職員の業務負担軽減、職員間の情報共有が挙がりました。一方で、ICTに関する苦手意識やスキルの習得、コスト面の課題も浮き彫りになりました。
パステルIT新聞では、同調査で得られた読者の声を受け止め、今後の企画に活かしていく予定です。

調査概要

調査対象:パステルIT新聞購読園
調査機関:2022年2月21日~2022年3月31日
調査方法:アンケートフォームおよび用紙記入による調査
回答数:214件

パステルIT新聞

2008年創刊。園のICT化支援に取り組む株式会社サンロフト(静岡県焼津市)が発行する、園経営者と保育者のためのIT専門紙。毎月20日に全国11,945施設に無料配布しています。

バックナンバーはこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

注目の話題