PowerPointで地図をつくっちゃお!

 最近は、園のWebサイトやメール配信で、GoogleマップやYahoo! 地図など、Web上で公開されている地図が利用されています。ただし、紙のおたよりで配付する場合には著作権の問題があり、そのまま使用することはできません。そこで、こうした地図を参考にしながら、独自の地図をつくっておきましょう。今回はPowerPoint2013で地図を作成する方法をご紹介します。色つきの地図や白地図にもできるので、利用の幅も広がりますね。

操作手順

地図の作成

 まずはGoogleマップを開き、周辺地図を検索し、地図にしたい範囲を表示させ、キーボードの「Print Screen」を押して画面キャプチャを撮ります。その後、PowerPoint を開き、編集しやすいように [ ホーム – スライド – レイアウト ]から[ 白紙 ]を選びます。[ 表示 – マスター表示 – スライドマスター ] を開き、表示されているスライド上で右クリックから[ 貼り付け ] を選び、地図を貼り付けます。

01
キーボードの「Print Screen」キーを押すと、パソコンの画面を撮影することができます。また、撮りたい画面を表示した状態でPowerPoint を起動し、[ 挿入 – 画像 – スクリーンショット ] からウィンドウを選択するだけで、スライド内に画面を貼り付けることもできます。

 この時、地図を作成しやすいように大きく表示させておくと良いでしょう。[ マスター表示を閉じる ] をクリックし、編集画面へ切り替えます。

02
スライドマスターはフォントや画像の位置などを管理する特別なスライドです。スライドマスター内に画像を配置しておけば、編集時に画像を誤って触れることがなくなるため、削除や位置ズレの心配もなくなります。今回は地図の下絵として配置するのに利用しましょう。

 続いて、貼り付けた地図を下絵として、[ 挿入 – 図 – 図形 ] から「正方形/長方形」などを使って図形を配置しながら地図を作成していきます。また、複数の道路をつなげる場合は、それらの図形を選択し、描画ツールの[ 書式 – 図形の挿入 – 図形の結合 ]から[ 結合 ]を選択します。

02
カラー地図の場合は図形に色をつけ、図形の枠線を「線なし」にすると図形がつながっているように見えます。白地図の場合、図形同士の線を見せないようにするために[ 結合 ] を行いましょう。ただし、直線」や「曲線」など、線で描いた図形は結合ができないのでご注意を。

 地図全体が完成したら、移動やサイズ変更がしやすくなるように、すべての図形を選択し、右クリックから[ グループ化 ] をします。さらに、[ 図として保存 ] もしておけば、JPEGなどの画像として保存ができるため、写真やイラスト同様に扱えます。

ポイント

 地図作成のコツを掴み、独自の地図が完成したら、園の案内地図以外にも、園外保育先へのルートやハザードマップ、子どもたちのお散歩地図など幅広い用途でつくることができそうです。地図作成はPowerPoint のようなOffice ソフトだけでなく、無料で提供されている、道路や路線などをキレイに描ける専用の地図作成ソフトもあります。

ポイント01
地図作成ソフト
http://tools.huu.cc/map/
執筆者

3面とスケジューラー担当のパステルIT新聞編集スタッフ。
パステルショップの店長も兼任しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題