4コマ漫画わかば先生 Vol.149「プリカのありかはどこか!?」編

ptl160-2
ptl160-3
ptl160-4

 経費精算をキャッシュレス化し、業務効率化を図る動きが広がっています。法人向けプリペイドカードは、カードごとに利用金額を設定できるのがメリットのひとつ。ロック機能があるものも多く、紛失時に役立ちます。

キャッシュレス決済とは

 業務効率化のため、キャッシュレスの動きが広がっていますが、キャッシュレスと言っても、クレジットカードやプリペイドカード、デビットカードなど様々なものがあります。最近では、QR・バーコード決済サービスを使う例も出てきました。それぞれ特徴が異なりますので、組織にあったものを選ぶと良いでしょう。

法人向けカードの簡単な特徴

法人向けクレジットカード
  • 取引データを電子上に残せる
  • 引き落とし用の法人口座を準備する必要がある
  • ビジネス向け付帯サービスを利用できる
法人向けプリペイドカード
  • 口座開設が不要である
  • 与信審査が不要である
  • 社員ごとに必要な分だけチャージできる
法人向けデビットカード
  • 口座開設が必要だが、同時申請のため発行までの時間が短い
  • 与信審査が不要である
  • 年会費がかからないものが多い

法人向けプリペイドカードとは

 今回、わかば先生の園で導入した法人向けプリペイドカードは、上記の中では手軽に始められるサービスです。与信審査が不要で、口座開設も不要なため、職員ひとりひとりにカードを配布することが可能。管理者側で残高確認やカード停止なども行うことができます。チャージ金額が個々で設定できるので使いすぎや紛失などの心配も軽減されるでしょう。キャッシュレス決済のはじめの一歩に試してみてはいかがでしょうか?

執筆者

パステルIT新聞デザインチーフとして紙面全体のデザインを担当。
4面の4コマ漫画も担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題