削除したのにアプリで課金されていた? 気をつけたい「サブスク」管理

アプリやサービスのコンテンツを一定期間利用するために代金を払う「サブスクリプション」。衣食住の様々な場面で見かけるようになりましたが、このサブスクをめぐってトラブルも発生しています。例えば、アプリの無料期間だけ利用し、削除したのに課金されたというケース。アプリの中には、削除しただけでは退会にならず、試用期間を過ぎて自動課金されるものもあります。さらに、「無料であれば使いたい」という人の心理を利用した「フリースウェア(高額アプリの無料期間で気を引き、削除された場合でも利用料を請求する)」という詐欺も。子どもが遊ぶアプリでも知らずに課金されていたということもあります。「無料」という記載があったとしても。大人がしっかり規約を確認し、子どもが安心して使えるようにしましょう。

iPhoneのサブスクリプション表示方法

詳しい管理の方法はApple公式サイトにて。

執筆者
芦川桃香

パステルIT新聞4面の絵本・書籍、セキュリティトピックスのコーナーを担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題