ICTで変わる園業務 撮影するだけ。写真管理はクラウドで

日々撮影した写真は、どのように管理していますか? スマートフォンやタブレットで撮影した写真を、セキュリティも安心なクラウド上に、自動で保管する方法を紹介します。

 Googleが提供する写真・動画専用のクラウドストレージサービス「Google フォト」は、容量が無制限(自動で「高画質」で保存される設定の場合)で、何枚でも写真を保管することが可能。スマートフォンで写真を撮影するだけで自動的に保管されるため、管理業務の手間が省けます。

1.スマートフォン・タブレットで設定

画面下部の矢印ボタンより、同期させるGoogleアカウント(Gメール)を設定して完了。「高画質」にもチェック!

 アプリストアから、アプリ「Google フォト」を入手しましょう。アプリを開いたら、お持ちのGoogleアカウントと同期をして設定完了です。

2.写真を撮る&自動でクラウド上に保管

撮影すると、自動的にクラウド上に写真が保管される。SDカードから取り出す手間も省ける

 スマートフォンやタブレットで撮影した写真が、そのまま自動でクラウド上にアップロードされます。カメラやSDカードから写真データを抜き出す手間が省けます。

執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題