創立80周年記念ソングを制作

テーマソングが流れる中退場する園児

 2018年3月17日、(学)相愛学園焼津幼稚園(静岡県焼津市)では、卒園式が開催され、54名の園児が旅立ちのときを迎えました。退場時に流れていたBGMは、創立80周年記念テーマソング「さいごまでがんばる子がチャンピオン」。卒園生が同園で過ごした思い出が詰まった言葉をもとに制作されました。

 同園は、2017年度で創立80周年を迎え、それを記念して、テーマソングを制作。歌詞は「とんがり帽子の赤い屋根」「がんばりハイクに行っておにぎり食べた」など、年長クラスの園児に幼稚園での思い出を問いかけて出てきたキーワードをもとにつくられました。「『最後までがんばる子がチャンピオン』は園児と職員との合言葉。『できる』『できない』は問題ではなく、自分らしく意欲的に最後までやり抜くことが大事。その合言葉は園児にも職員にもなじんでいる」と語るのは相田早苗園長。その合言葉が歌詞の各所に散りばめられています。

相田早苗園長

 歌詞の調整と作曲をしたのは、園歌の制作を専門とするモキュート(株)です。子どもたちに馴染みやすいマーチ風のリズムや、歌いやすいような音域にするなどの工夫もされています。カラオケでも配信されたり、ピアノ楽譜もつくられたりと、これからも同園で歌い続けられるものとなりました。制作の過程は同社のサイト(https://www.mokyu-to.com/information)で紹介されています。

(学)相愛学園焼津幼稚園
モキュート(株)
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty
  • パステルブログ

注目の話題