感覚的な操作が可能Windows8

タッチ操作しやすいUI

 米マイクロソフトは、ウィンドウズの最新版「Windows8」を2012年10月26日に発売すると発表しました。このWindows8には、2011年8月に発売されたスマートフォン「Windows Phone」で採用されたユーザーインタフェース(以下、UI)が使われ、スマートフォンやタブレットのような感覚の操作感が重視されています。利用者はパソコン、スマートフォン、タブレットのいずれも同じように操作できるようになっていきます。

 そのことは、起動してすぐに表示される「スタート」画面からも一目瞭然。「タイル」と呼ばれるカラフルな大きめの長方形アイコンが画面いっぱいに並びます。アプリケーションの起動もワンタッチ。その他、起動にかかる時間の大幅短縮、周辺機器に高速なアクセスができるUSB3.0への対応、表現力が豊かになる3D表示への対応などが話題になっています。いずれにしても、より感覚的に操作できるようにハードもソフトも進化しています。

Microsoft Windows
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題