子どもの食物アレルギー10人に1人 乳酸菌と母乳の関係に注目

90粒入り2,296円(税抜)

 母乳研究を50年以上続けているビーンスターク・スノー(株)が三歳以下の子どもを持つ保護者400名に行ったアンケート調査によると、子どもが発症しているアレルギーは、花粉症やアトピー性皮膚炎を抑えて食物アレルギーが第1位になりました。その割合は1割以上で、アレルギー発症を恐れ、半数以上の保護者が、離乳食の開始を厚労省が目安とする時期より2カ月遅らせたことも明らかになりました。

 アレルギー対策には乳酸菌が注目されています。母親が2種類以上の乳酸菌を毎日摂取すると、母乳中の免疫成分「TGF-β」が増え、母乳を通じて、子どもの健康を守るとされています。

 ビーンスターク・スノーの「3つの乳酸菌M1」は、1日3粒でヨーグルト1キログラム相当の乳酸菌3種類を摂取することが可能。商品の購入は「まめコミ」(https://www.mamecomi.jp/)で。保護者の悩みを解決する育児サポート情報も紹介されています。

執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題