すべて

 1996年に高速で安定したインターネット環境が整い、2008年にはスマートフォンやタブレット、そして多種多様なクラウドサービスの登場によって、私たちのくらしやビジネスは大きく変わりました。さらにここ数年...
2019.2.18 特集記事
 子どもたちのイラストを集めたアルバムの表紙をめくると、子どもの直筆サインやクラス・行事ごとの写真が表情豊かに並びます。  「みんなでつくる、みんなの幼稚園」をスローガンに掲げる尾山台ナザレン幼稚園...
 人手不足が課題の保育業界。そうした中で今、「保育士が働きやすい職場づくり」の施策として人気なのが「オフィスでごはん」という福利厚生サービスです。園内に小型の冷凍庫を設置し、無添加や国産食材にこだ...
 世界初のかざすAI図鑑。スマートフォンをかざすだけで生き物の名前が瞬時にわかり、 あわせて基本情報、体長・体重、生息地、分布、絶滅危険度、その生き物がいる施設(動物園や水族館など)も確認できます。一...
 2019年1月に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市、「CES2019」。その中で近年注目を集める分野の1つが「ベビーテック」です。ベビーテックとは、ベビーとテクノロジーを組合せた造語で、情報技術で妊...
画像送信のマニュアルを作成。災害時も慌てずに対応できる  園児340名が通う学校法人上田学園高坂幼稚園(愛知県名古屋市)では、毎日4台のバスが走り、計8つのバスコースで園児の登降園を支えています。バスに...
 ITの移り変わりは早く、ようやく取り入れても、また新たなものが出てきます。ITの発展とともに、より人としての価値が問われる時代となりました。上手に使いこなし、保育の時間を大切にしていきたいですね。 園...
 団塊世代200万人が退職し、新社会人は100万人。2030年には800万人の労働力不足になります。若者と年配者の比率が1対1になり、若者だけでなく全員で社会を支えます。定年が伸び、女性の社会進出が進みますが、そ...
世界でたった1つ 心に残るスイーツを  スイーツギフト専門店「文の菓」(東京都世田谷区)は、名前やメッセージを自由に入れられるお菓子を提供しています。お菓子の種類は、どら焼きの他、カステラ、バウムク...
 働き方改革の本丸は「人を増やすこと」と「業務を減らすこと」だと言われています。原町幼稚園では、2017年度から幼稚園型認定こども園に移行しました。保育ニーズに応えられるようになった一方で、保育時間は4...
Q.今月のお悩み  普段と同じように、Webサイトを見ていたら、突然「システム警告!」という表示とOS更新の案内がでてきました……。警告画面の案内に従って、ボタンを押したほうがよいのでしょうか? ペンネーム:...
 11月18日、学校法人久光学園志のぶ幼稚園(東京都目黒区)の創立者である、蟻川久江初代園長の生誕150年記念式典が同園で開かれました。会場には、保護者や卒園生をはじめ、同園に所縁のある方々100名以上が集...
 政府の待機児童対策として始まった企業主導型保育所は、2018年3月時点で全国に2597カ所設置され、定員は6万人にも上っています。JR市川駅前ビル内にある企業主導型保育園「そらのこどもたち」も、その流れに合...
 オーストラリアの美しい夏を舞台に、お腹を空かしたウォンバットを主人公に、彼の冒険を見守る物語です。操作方法は簡単で、ウォンバットに進んで欲しい方向に画面をタップするだけ。ゆっくりと物語が進んでい...
AIの特性から考える子どもが育みたい力  今年のテーマは、「AI時代にふさわしい採用活動や働き方改革を考える」。会場には100名以上の園関係者が集まりました。  第1講座には、「いちばんやさしいAI超入門~AI...
絵本の内容  消防自動車、パトロールカー、ショベルカー、ダンプトラック。子どもたちに人気の働く車が次々飛び出すポップアップ絵本です。
 「お金を払っているからいただきますと言わせないでほしい」「お金を払うから発表会のいい席を用意してほしい」など人は様々な価値観を持って生きています。価値観の多様化です。本当はお金を払う方がありがと...
書籍の内容  逆境を乗り越えてきた偉人の「9つの習慣」をまとめた1冊。不安やストレスに負けそうになった時にマイナス思考から抜け出すには?
2019.1.17 特集記事
園児一人ひとりの個性を活かした保育  めぐみの木こども園(埼玉県鴻巣市)は、「かけがえのない、ひとりとして」を教育方針に掲げ、園児215名一人ひとりの得意・不得意なことに応じて、個性を尊重した教育・保...
 業務改善・効率化に有効な手段として事務業務をシステム化する動きが拡がっています。しかし、やみくもに導入すると逆に手間が増えてしまうことも。導入前に現場の声を伝え、自園にあうICT化を進めましょう。 ...