働く保育者の美しさありのままに表現 写真で保育者を笑顔に

 姫路で写真スタジオを営む石田直之氏は、写真の力で世界中を笑顔にしたいと全国の写真館やカメラマンを率いて「キセキproject」を旗揚げ。「ハグフォト」で幸せを写真に残してきました。次は、保育者を笑顔にする活動に挑戦します。

 父親の跡を継ぎ、姫路城にほど近い商店街にある写真スタジオのオーナーになった石田氏。ウエディングフォトグラファーとしては10年で1,000組以上の幸せなカップルを撮影してきました。

 人生の転機は、長男がわずか500グラムの超未熟児で生まれたときです。懸命に生きようとする我が子を見守る日々の中で、「今日、生きていることの奇跡」を再認識した石田氏。日常生活を収めた写真を通じて今を生きている「奇跡」と、これまで生きてきた「軌跡」を見つめ、より豊かで幸せな暮らしを提案したいと、2013年に「キセキproject」を立ち上げました。このコンセプトに共感し、「大人が気軽に楽しく日常の写真を残す」という新たな文化の創造に関わるカメラマンは、全国で約70名を数えます。開催するたびに話題を呼ぶのは「ハグフォト」を撮影するイベント。文字通りハグをした写真を撮影します。「愛情を表現するハグによって誰もが一瞬で笑顔になる。ハグフォトは魔法の撮影」と石田氏は語ります。

1704tokusyu02

 そんな活動をしてきた石田氏が、ふと社会問題になっている保育の世界に目を向けました。保育の現場に足を運び、子どもたちと先生のハグフォトを撮影してみると、そこにはキラキラと輝く保育者の笑顔がありました。「その美しさに、先生たち自身に気づいて欲しい」。石田氏は、ハグフォトのコンセプトをベースに、保育者と子どもたちの日常を撮影し、発信する活動を始めることにしました。

愛と誇りを持てる保育者に

1704tokusyu03
フォトグラファー 石田 直之 氏
写真スタジオism(イズム)代表。キセキproject主宰者。写真関連のセミナー講師も多数務める

 2月21日には東京で、28日には大阪でキセキprojectメンバーを招集し、早速この新たな活動についての情報共有をはかりました。カメラマンとして、あるいは保護者として園に関わっているメンバーが多く、保育者を笑顔にしたいという想いはスムーズに共有されました。「ハグフォトを通じて笑顔で幸せな写真を発信してきた経験で、先生たちが今の自分に愛と誇りを持ち、仕事をより楽しめるようにできたら」。そのやさしい眼差しは、今、頑張る保育者に向けられています。

執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題