最も簡単なセキュリティ対策 パスワードで守る!

 Gmail やYahoo!メールをはじめ、Facebook やTwitter、mixi、YouTubeなど、無料ウェブサービスのほとんどは会員登録をして「アカウント」を取得したうえで利用します。便利なサービスを利用するたびに増えていくアカウント情報。このアカウント登録で必ずと言っていいほど必要になるのが、「ユーザID」と「パスワード」です。

 アメリカのSplashData社が2012年に調査した結果によると、危険なパスワードの第1位は「password」、第2位が「123456」、第3位が「12345678」という結果でした。これは、ウェブサイトなどでよく使われているパスワードを毎年調査し、さらにハッカーからも情報を得て作成しているランキングです。第1位から第3位までは、前年2011年と同じ順位。簡単なパスワードによって、個人情報が洩れてしまいかねない状況にあっても、危険なパスワードを使っている人がまだ多くいることの表れです。

 パスワードを覚えておくことは面倒ですが、個人情報が流出してしまう怖さを考えればやはり安易なパスワードは避け、ルールを作って管理したいものです。最もシンプルなセキュリティ対策であるため、今すぐにでも見直してみましょう。また、一定の期間を置いて、こまめにパスワードを更新していくことも大切です。新しいパスワードで、新しい年を迎えましょう

執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題