2,000名の総力で目指すのは「最高の保育」 組織力活かし人づくり実践

7月に有明コロシアムで開催したJPホールディングスグループの大運動会。総勢2,054名が参加し、チーム対抗で競技や応援合戦で盛り上がった。
(株)JPホールディングスは、保育園「アスク」や児童館・学童クラブを全国に200以上運営する(株)日本保育サービスをはじめ、保育施設の運営支援事業を展開するグループ企業を有します。2,000名のスタッフを束ねる荻田社長を取材しました。

 保育者の人材不足が叫ばれる中、JPホールディングスグループでは、人材採用と人づくりに関わる様々な取り組みを実践し、注目を集めています。採用においては「社長プレミアムセミナー」を開催。早期に就職活動をする意識の高い学生向けに、業界の現状、会社の理念や特長などを荻田社長自らが熱く伝えます。今夏には、保育士資格のない学生に対して内定後に養成講座を開講し、来春の受験をサポートすることを発表しました。

 社内研修は年間で約250回。発達支援、保健衛生、セルフマネジメントなどジャンル別に開催される「一般研修」、系列園の同年代や同職種のスタッフと交流しながら学べる「階層別研修」、向上心が認められた選抜メンバーだけが参加できる「海外研修」などで、スタッフの学びの意識はどんどん高められていきます。

 夏には有明コロシアムで恒例の運動会を開催します。企画・運営を任されるのは1,2年生社員。「2,000名を楽しませる企画や運営は大変なことだが、これも貴重な機会。今年は競技をスムーズに進行させる方法を体操指導のスタッフから教えてもらったり、リハーサルをしたりして工夫したようだ」と荻田社長は若手の努力を称えました。

二千名の総力で目指すのは「最高の保育」 組織力活かし人づくり実践(サブ1)
キャプション

 年に1回発行される「愛と勇気と知恵の社内報『J★PRESS』」は、会社方針、オープン園、職員、社内行事、社内制度などの紹介をタウン誌風に独自編集した冊子。社内報を開くことで、スタッフはグループの一員であることを再認識するとともに、仲間たちの笑顔に勇気づけられます。

不満や悩みを減らすため

 「安全」と「子どもたちの笑顔のために」という言葉を胸に、現場を仕切る園長は約160名。隔週の園長ミーティングでは特にトラブル報告を重視し、迅速な対処や予防に活かしています。園長が抱える園運営全般の悩みは、エリアマネージャーや本部スタッフが寄り添いサポート。エリア別の園長親睦会には荻田社長も参加。園長の声に耳を傾けます。「日常の不満や悩みを分かち合い、減らすことが何より大切」。荻田社長はそう語ります。保育者の安心と笑顔を守るための組織づくりが、子どもたちの安全と笑顔を守れる人づくりにつながっています。


二千名の総力で目指すのは「最高の保育」 組織力活かし人づくり実践(サブ2)

株式会社JPホールディングス
代表取締役社長 荻田和宏氏

兵庫県出身。平成11年同社に入社。静岡営業所長、大阪支社長などを経て平成27年2月より現職。「1.子どもたちの笑顔のために」「2.最大ではなく最高の保育事業者を」「3.楽しいは本気でつくる」を掲げて経営に取り組んでいる。

執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

提供
株式会社JPホールディングス
http://www.jp-holdings.co.jp/
  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題