クリスマスの壁面飾りをつくっちゃお!

main

 季節や行事によって壁面飾りが賑やかに彩られるとワクワクしてきます。さて、もうすぐ子どもたちが楽しみにしているクリスマスの時期です。今回はクリスマスの気分が高まる壁面飾りをつくる方法を紹介します。PowerPoint の図形機能を使って型紙をつくり、色画用紙を切り貼りして飾りつけましょう。パーツを用意すれば子どもたちと一緒に制作できますね。

操作手順

ツリーづくり

 図形を組み合わせて型紙をつくりましょう。組み立てにひと工夫すれば立体的なツリーをつくることもできます。まず、[ 挿入 – 図 – 図形 ] から横長の二等辺三角形を描き、下方向にコピーしていきます。下に配置するにつれて三角形もひとまわり程大きくなるように、サイズを変更します。図形全てを選択した状態で[ 描画ツール – 書式 – 配置 ] の[ 配置 ] から[ 左右中央揃え ] を選択し三角形が中央に揃うようにします。形が整ったら印刷をして型紙として使用しましょう。組み立ては、ツリーの真ん中で谷折りし、更に中心から左右5mmほどの位置で山折りにします。中心から5mmの間にのり付けし、ツリーを半分に折った状態で他のツリーのパーツに貼り付けます。

01
色画用紙に型紙をあててツリーのパーツをつくりましょう。色は濃い緑と薄い緑など、グラデーションで組み合わせると雰囲気がぐっと良くなります。ツリーのパーツを4枚組み合わせて1つの立体ツリーをつくります。

飾り付け

 雪だるまやジンジャーマンなどをつくり、賑やかな壁面飾りにしましょう。雪だるまは正円を2つ描き、目と鼻は小さめの正円、口は円弧を描きます。台形で帽子を描いたり、楕円と長方形を組み合わせて手袋を描き、組み合わせたりします。ジンジャーマンは楕円と角丸四角形を組み合わせてからだをつくります。

02
図形を選択後、右クリックから[ グループ化 ] をすると図形の移動や拡大縮小がしやすくなります。Office2013 の場合は、図形を選択後[ 描画ツール – 書式 ] から[ 図形の統合 ] 機能により、2つ以上の図形を1つにできます。

 脚や腕の角度をつけて組み合わせると、動きのある雰囲気に仕上がります。色画用紙を穴あけパンチで型抜けば、舞降る雪などを簡単につくることもできます。

 パステルIT新聞の公式サイトでは、型紙の無料ダウンロードや、壁面飾りの作り方動画も公開しています。また、パステルショップではクリスマスカラーの色画用紙セットを販売しています。

ポイント1

ポイント01
クリスマス色画用紙セット

 クリスマスの壁面飾りをすぐにつくれる、「クリスマス色画用紙セット」をパステルIT新聞が運営するパステルショップで販売中!色に悩む必要もなく、テンプレートをダウンロードすると見本(上図)のような壁面飾りをつくることができます。是非お試しください!

ポイント2

 壁面飾りのつくり方動画を公開中!制作する時に是非参考にしてみてくださいね。

クリスマス飾りを作ろう! Part1 ツリーの制作
クリスマス飾りを作ろう! Part2 雪だるまの制作
クリスマス飾りを作ろう! Part3 家の制作
クリスマス飾りを作ろう! Part4 切り株とジンジャーマンの制作
執筆者

3面とスケジューラー担当のパステルIT新聞編集スタッフ。
パステルショップの店長も兼任しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

関連商品

※ 掲載商品の価格は公開当時の価格となっております。

  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題