動物や食べ物にちなんだ新11色 大王製紙が新色画用紙

動物・食べ物が名前の色画用紙

 7月15日に、大王製紙株式会社は、色画用紙シリーズ「フレッシュカラー」の新11色を発売しました。従来のラインナップと合わせると、全62色のカラーが揃いました。

 発売された11色は、「動物シリーズ」(6色)と「食べ物シリーズ」(5色)に分けられ、「フラミンゴ」「きんぎょ」「くま」「かき」「くり」など、動物や食べ物をイメージした親しみやすいネーミングになっています。

 さらに、従来品と同じく古紙配合率50%でありながら、より発色豊かな色目を再現。以前から幼稚園・保育園より要望のあった「わかりやすいネーミング」と「鮮やかな色目」を実現しました。

 全判、四ツ切、八ツ切などが、10単位と100枚単位で購入できます。一般流通は8月20日頃から。パステルショップでもこの色画用紙の取り扱いを始める予定です。

大王製紙株式会社
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題