スマホに最適化しているWebサイトが有利に グーグルの検索順位が下がる!?

モバイルフレンドリーのアップデート
モバイルフレンドリーのアップデート

 グーグルは、2015年4月21日より、スマートフォン(以下、スマホ)からの「Google」での検索時に、Webサイトがスマホに最適化されているかどうかを独自に判定し、検索結果に反映させる取り組み「モバイルフレンドリーアップデート」を全世界で一斉に開始しました。

 この取り組みは、スマホの小さな画面において、タップやズームをせずに文字を読むことができる、横方向のスクロールなしで閲覧できる、スマホで再生できないコンテンツが含まれていないなどの特徴を持つWebサイトを「モバイルフレンドリー」とし、スマホでの検索時の掲載順位を引き上げるというものです。

 これは、スマホでインターネットを利用するユーザが増えてきたことに対応するためで、スマホでの検索時にユーザが求めている情報をより適切に検索結果として表示させることを目的としています。
 従来どおり、Webサイト内の文章や画像など、コンテンツの充実性は重要視されますが、同類のWebサイトが他にも存在する場合、スマホユーザがWebサイトを閲覧するときに情報の見やすさや伝え方の配慮があるほうが評価され、上位に表示されます。

モバイルフレンドリーの公式Webサイトでは、Webサイトをつくるためのガイドラインや既存のWebサイトがモバイルフレンドリーになっているかをチェックする「モバイルフレンドリーテスト」など、関連情報が公開されています。

執筆者

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題