地域のヒーロー 噛む大切さ教え

スンプレンジャーのライブ風景
スンプレンジャーのライブ風景

 7月16日、社会福祉法人あゆみ福祉会竜南保育園(静岡市)では、地域のヒーローバンド「爆音戦隊スンプレンジャー」のライブが開かれ、園児たちは噛むことの大切さを学びました。親しみやすいアップテンポのキャンペーンソング『カムカムハッピー』をはじめ、演奏される曲のリズムに合わせて体を動かしたり、歌ったりしながら楽しんでいた子どもたち。太田嶋園長も、「大いに盛り上がり、子どもたちが楽し2009年3月号んでくれて良かった」と話しました。

 このイベントは、「はじめは30回。よく噛んで食べよう!」をスローガンに、よく噛んで食べる習慣づくりを提唱する「COMECOME(カムカム)キャンペーン推進委員会が主催したもの。関係によると、よく噛まないために顎が未発達で口を半開きにしている子どもが気になり始めたのは十年ほど前。歯科医や歯科衛生士、会社経営者などにも賛同してもらい活動が始まったといいます。同委員会では、キャンペーンソングのCDを市内の幼稚園・保育園に配布するなど、噛むことを楽しく学ぶ機会づくりに貢献
しています。

 また、「カムカム体操」の動画が大手動画サイト「You Tube(ユーチューブ)」に近日公開される予定。インターネットで無料閲覧できます。

執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題