ブラウザ「Microsoft Edge」

インターネットで検索をするとき、みなさんは「ブラウザ」と呼ばれるソフトを使っていることでしょう。

下記は、各社が提供しているブラウザです。

  • Google Chrome(グーグルクローム)
  • Safari(サファリ)
  • Internet Explorer(インターネットエクスプローラー)
  • Microsoft Edge(マイクロソフトエッジ)
  • Mozilla Firefox(モジラ ファイアフォックス)

GmailやGoogleスプレッドシートなどとの相性がよく、
プラグインなどの拡張機能が豊富で世界シェアトップのGoogle Chrome。
iPhoneやMacを使っている人であれば、Safari。
多くの人が使いやすいブラウザを選んで使っていると思います。

なかでも、IEの愛称でおなじみのInternet Explorerは長くWindowsユーザーに親しまれてきましたが、
Windows 10以降は標準ブラウザがMicrosoft Edgeに変わっていることにお気づきでしょうか?
※どちらもMicrosogt社の提供するブラウザなので互換性があります

関連記事:IE終了。Edgeへの計画的な移行を

IEはサポートが終了すると、アップグレードや新機能の追加がなくなるため、不具合やセキュリティの脆弱性が発生しても、修正されることはありません。サポート終了後も使用し続けた場合、ウイルスなどによる攻撃を受けやすく、機密情報の漏洩に繋がる可能も高くなります。

MicrosoftがIEの次に利用を推奨しているブラウザがMicrosoft Edgeです。EdgeはIEよりも高速かつ安全で、従来のIE向けにつくられたWebサイトやWebアプリにもアクセスできます。ただし、完全な互換性があるわけではないため、自園でIEをベースに制作したWebサイトを運営している場合は動作確認が必要です。利用者側も運営側も計画的に新しいブラウザへの移行を進めて行きましょう。

執筆者
芦川桃香

パステルIT新聞4面の絵本・書籍、セキュリティトピックスのコーナーを担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題