グーグルとアップルが連携 感染経路の特定しやすく

 2020年4月、グーグルとアップルは、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐ取り組みを共同で支援することを発表しました。ウイルス検査で陽性反応が出たユーザーが、自身でアプリに感染したことを入力すると、そのユーザーに過去数日間に接近したユーザーに通知が届く(感染者の名前や接近場所は特定されない)アプリの実現を目指します。

 そのために、まず、AndroidユーザーとiOS(iPhone)ユーザーの移動経路などに関するデータを相互にやり取りできるしくみを5月にリリース。次に、数カ月をかけ、両社の基盤となるプラットフォーム(osやハードウェアなど)に同機能を組み込む予定です。両社はこの取り組みに対して、接近などの送受信をユーザーから許諾を得る方式で実装するなど、ユーザーのプライバシー保護やセキュリティ対策を強力に保つことを強調しています。

 感染経路が特定しやすく、感染拡大をいち早く食い止めることにつながり、注目したい取り組みです。

AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策として、濃厚接触の可能性を検出する技術で協力
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題