誰もが持っている創造性

ソニー株式会社
ブランド戦略部 統括部長 森 繁樹 氏

 「1人でも多くの人がクリエイティビティを発揮できるような社会づくりをしたい」。そう語るのは、ソニー株式会社の森繁樹氏です。同社は「クリエイティビティとテクノロジーの力で、世界を感動で満たす。」を存在意義に掲げ、60年以上に渡り次世代育成に取り組んできました。小紙10月号でも紹介した「Sony STEAM Studio 2019」も毎年恒例のイベントです。クリエイティビティを発揮することは、デザイナーやアーティストの話だけではないと森氏は話します。

 「保育者の皆さんにも『私には無理だろうな』と諦めてほしくない。何気ないことにも視点を変え、何度も創意工夫をし続けること。これだけでクリエイティビティを発揮している」と語る森氏。これまでの習慣に捉われず、真に実現したい教育・保育を突き詰め続けることが、保育者としての創造性なのかもしれません。

執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題