SNSへの情報公開の注意点

 保護者とのコミュニケーションにも活用できるSNS。しかし、「投稿の公開範囲」の設定が不充分であったり、投稿を引用されたりすることで、思わぬ形で情報が拡散されてしまう可能性があることをご存知ですか?

 例えばFacebookでは、基本設定として全ての人が投稿を見ることができます。そのため、投稿の前に公開範囲の設定を確認しましょう(表参照)。投稿ごとの公開範囲の設定もありますが、設定が複雑になるとミスも増えるため注意。誤って公開してしまった場合、設定画面で過去に「公開」した投稿や、シェアにより「友達の友達」まで拡散した投稿を、全て取り消すことができます。

 ただし、1度SNSで拡散された情報は、複製や保存されることもあり、完全に消すことは困難です。情報を発信している意識を常に持ち、投稿内容に充分注意をしながらSNSを利用しましょう。

Facebook 共有範囲の選択
執筆者
芦川桃香

パステルIT新聞4面の絵本・書籍、セキュリティトピックスのコーナーを担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty
  • パステルブログ

注目の話題