Apple IDを狙うメールに注意

 iPhoneでアプリをダウンロードする際に必ず使用するApple ID。最近、そのApple IDを狙ったフィッシングメールが飛び交っていることをご存知ですか? Appleを名乗り、「アカウントのロック」「Apple IDが変更されました」などの件名で利用者の不安を煽り、本文中のURLをクリックさせ、個人情報を盗むという手口が続出しています。中にはAppleからの請求書を装い、iTunesカードをだまし取ったり、不正送金の被害に発展したりするケースもあるようです。

 詐欺メールはAppleのデザインを模したものもあり、見た目だけでは本物と区別がつかないものも多く流通しています。フィッシング対策協議会では、フィッシング詐欺に関する事例や、実際のメールの詳細な内容や詐欺サイトのキャプチャ画像を随時発信しています。似たようなメールが送られてきた場合にはご注意ください。

「フィッシング対策協議会」
執筆者
芦川桃香

パステルIT新聞4面の絵本・書籍、セキュリティトピックスのコーナーを担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty
  • パステルブログ

注目の話題