Amazon がSTEM をテーマに選出 知育・学習玩具大賞発表

大賞:ローリーズストーリーキューブス

 2017年10月6日、Amazon.co.jp(以下、Amazon)は「Amazon 知育・学習玩具大賞2017」を発表しました。これは、Amazonで販売されている国内外の知育・学習玩具数万点の中から、Amazon カスタマーレビューと、脳研究、情操教育、プログラミングの分野で深い見識を持つ専門家の意見をもとに、子どもの知的発達や好奇心を刺激するおもちゃを選定するものです。

 2年目となる今回は、アメリカで注目されている、科学と数学を土台としてエンジニアや研究者などの次世代を担う人材育成を目指した「STEM(Science・Technology・Engineering・Mathematics)教育」をテーマに選出。大賞、部門賞(プログラミング、ロボット、算数・数学)、審査員特別賞、Amazon特別賞から、全部で9つの知育・学習玩具が発表されました。大賞には、イラストが描かれた複数のサイコロを振って、出た絵柄をもとに物語をつくる「ローリーズストーリーキューブス 冒険」が選ばれ、自由に創造し表現する力を育むことができる点、携帯性の良さ、優れたデザイン性が評価されました。

 審査員で脳研究者、東京大学薬学部教授である池谷裕二氏は、「予測する・計画する・実行して反省する、という思考や経験を経て、子どもがこれからの人生で知識をのせる『器』を大きくできれば。そういった視点で選定した」とコメント。おもちゃで楽しく遊びながら、子どもたちの成長につながる土台づくりを育みます。

 賞に輝いた知育・学習玩具はAmazonサイトから購入可能。小学校に上がる前の教育活動として、園でもおもちゃを使ったSTEM教育を取り入れてみては?

「Amazon 知育・学習玩具大賞」
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty
  • パステルブログ

注目の話題