オルフィスがつくり手の想いを忠実に表現 業務効率上げるカラー印刷

オルフィスでプリントしたカラーのおたよりを手に、左から牧野 智美先生、柴田 和先生。カラー品質と印刷のスピード、使いやすさに大満足している
 密な情報共有を目指し、おたよりをカラー化する園が増えています。そんな園のひとつで、理想科学工業(株)の高速カラープリンター「オルフィスFW」を導入した如意輪(にょいりん)幼稚園(東京都西多摩郡瑞穂町)を取材しました。

 同園は、子育てに御利益がある如意輪観音菩薩が安置されている圓福寺の隣に位置し、「豊かな心を持った、たくましい子ども」に育ってほしいという想いのもと日々の活動に取り組んでいます。様々な活動には、印刷物が欠かせません。

 例えば子育て支援のための預かり保育「ニコ輪くらぶ」では、園外にお散歩に行ったりキウイ狩りをしたりと、園内だけにとどまらない活動が特長的です。そのため、保護者には月に一度、申し込み用紙に加えて、活動の様子を紹介したB4サイズのおたよりを配布しています。「お出かけ先のお寺の紅葉が鮮明にプリントされ、預かり保育を利用していない保護者にも普段の送迎だけではわかりづらい園外活動の様子が伝えられるようになった」と語るのは、預かり保育担当の牧野智美先生です。

 食育にも力を入れている同園では、給食は無農薬の玄米ご飯に一汁一菜、おやつには雑穀ドーナッツなどが基本。さらには日本古来の風習を取り入れ、新月と満月には体内の水分を浄化すると言われる小豆ご飯の「赤のごはん」と切り干し大根を出すなど、こだわりの給食で園児たちの健康を支えています。献立表は毎月管理栄養士が作成し、満月と新月の日のメニューが赤色でわかりやすく色づけされています。

オルフィスがつくり手の想いを忠実に表現 業務効率上げるカラー印刷
赤でポイントがわかる献立表

 しかしオルフィス導入前に、白黒でプリントしていた頃は、赤色が黒色よりも少し薄い色で再現されてしまい、管理栄養士の工夫が活かされませんでした。「白黒は、赤色の文字が逆に目立たなくなってしまい、管理栄養士の意図がきちんと表現できていないのがもどかしかった。オルフィスを使ってカラー印刷することで、伝えたいポイントがわかる印刷物を保護者にお渡しできるようになり、嬉しい」と印刷を担当する柴田和先生は語ります。さらにオルフィスでは一度の印刷で両面にプリントできるようになったこと、「小冊子」機能を使って複数の原稿を一枚に面付けして印刷できるようになったことで、印刷業務も効率化できているようです。

印刷業務をもっと効率的に

 同園では、その他にも毎月何種類もの配布物を印刷しており、効率的でスピーディーな印刷作業が求められます。以前使用していた卓上プリンターは、一度にセットできる用紙の枚数が少ないため、たくさん印刷する場合はつきっきりで用紙を追加する必要がありました。ところがオルフィスなら一度に多くの用紙がセットできるため、100枚のプリントも1分足らずでできるようになりました。年々増え続ける卒園児に送付する圓福寺の縁日の案内はがきは1,000枚にも上りますが、はがき印刷にも対応しているオルフィスなら速く手間なく印刷できます。おたよりのカラー化だけでなく、業務の効率化も担ってくれるオルフィスは、職員たちに好評です。

オルフィス 園での活用方法
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題