卒園の記念に スマイルビスコ をつくっちゃお!

 子どもの写真などをパッケージに印刷し、チョコレートやラムネなどのオリジナルお菓子をつくれるサービスがずいぶん増えました。80年も愛され続けているグリコのビスコもその1つです。サービス名は「スマイルビスコ(https://sbisco.jp/)」。1箱20個で1種類、または2種類のデザインを各10個つくることができます。

 デザインづくりはいたってシンプル。おなじみの赤いビスコのパッケージテンプレートに、写真、文字、スタンプを挿入していくだけです。先生たちの笑顔、園のキャラクター、思い出の遊具やおもちゃなどの画像を用いても良さそうです。

 送料を含めて費用は1個あたり160円ほど。園生活の思い出を話題に、家庭でのおやつタイムが楽しくなるといいですね。

操作手順

ステップ1

01
写真加工、スタンプ選択、テキスト入力の3ステップ。上のプレビューを見ながら調整しましょう。写真は体を消して顔だけ残すように型抜き加工する
と本物のビスコに近い形になります。

ステップ2

02
デザインができたらカートへ進みます。もう一度編集したい場合は「再編集する」、購入したい場合は「次へ」を押します。上に表示されたナビゲーターの順に必要事項を記入しましょう。

ポイント1

 スマイルビスコで使える写真は、3MB以内でjpg(ジェイペグ)、gif(ジフ)、png(ピング)形式のいずれかです。もしも、使いたい画像サイズが3MBを超えていたら「リサイズ」が、ファイル形式が異なっていたら「ファイル形式の変換」が必要です。リサイズやファイル形式の変換は、一般的に画像加工ソフトを利用しますが、下図のように、Windows 標準のおえかきソフト「ペイント」も手軽に使えて便利。画像のトリミングや文字の削除などもできます。

ポイント01
リサイズ
ポイント02
ファイル形式の変換
スマイルビスコ
執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題