サイバーマップでわかる現実

サイバーマップ

 年々増えているサイバー攻撃。警視庁が公開している情勢データによると、昨年2015年の標的型メール攻撃の件数は3,828件。前年の倍以上の数であり、サイバー攻撃が急増していることがうかがえます。

 セキュリティソフトメーカーの(株)カスペルスキーは、世界のサイバー攻撃の現状を可視化した「サイバーマップ」を公開しています。世界規模で常にサイバー攻撃が仕掛けられており、私たちが脅威にさらされていることがわかるので、セキュリティ対策への意識が高まります。

サーバーマップ
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題