保育者を志した『思い』を深掘りしていく

執筆者
野上 美希

一般社団法人キッズコンサルタント協会 代表理事
学校法人野上学園 主事
社会福祉法人風の森 統括

CDA(キャリアディベロップメントアドバイザー)の資格を活かし、自社の保育園、幼稚園、学童保育の保育者のキャリアディベロップメントの構築に従事。

保育士、幼稚園教諭のための転職、就職サービス保育Willキャリアも主宰。
【問合】career@hoikuwillcareer.jp

 前回のコラムの最後の問いかけで、「なぜ自分が保育の仕事を志したか?」について、考えて頂いたと思います。
 おそらく、色々な想いがあると思います。

 例えば、自分の幼稚園時代の先生がとても優しくて、ずっと幼稚園の先生に憧れていたですとか、純粋に子どもが大好きで、子どもと関わる仕事をしたいと強く想っていた等々

 他の職業と比較して、小さい頃から身近な職業である保育の仕事。

 今、保育士は、女の子のなりたい職業ランキング2位だと言われています(ちなみに、1位はパティシエです)。まさに、女の子の憧れの職業だと言えます。そんな憧れの職業についた皆さんが、今悩んでしまっているのはなぜか?

 それは、目の前の出来事に目がいってしまっているからかもしれません。キャリアは、まずは原点に立ち返ることが重要で、その原点を深掘りしていくことが更に重要です。

 なぜ「自分が保育の仕事を志したか?」を考えた時に、例えば純粋に子どもが大好きだから、だったとした場合、

 子どもがなぜ好きか?
 子どもと関わるとどんな気持ちになるか?
 子どもにどんなことをしてあげたいか?
 自分が子どもと関わることで子どもはどう成長していくか?
 子ども達にどうなってほしいか?

 そういったところまで是非深掘りして考えてみて下さい。

 仕事に行き詰まってしまった時、原点に立ち返ることで見えてくることがたくさんあります。

 是非、ノートに感情の思うままに書いてみて下さい。感情は、自分の潜在意識からのメッセージです。感情こそが、自分の内なる気持ちを表現してくれています。

 そこに、自分自身の大事にしていることが見えてくると思います。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題