学びの基本は英語も日本語も変わらない

執筆者
サンシャインマキ

アットホーム留学プロデューサー

大手英会話教室の英語講師、大手株式会社の専属英語講師の他、プライベートで子供から大人に至るまでトータル10年以上、累計300人を超える生徒を受け持つ。

資格等:家族療法カウンセラー、チャイルドカウンセラー、心理カウンセラー、望月俊孝氏直伝 エネルギーマスターセラピスト、TOEIC980、こどもパートナー of JACTES

アットホーム留学プロデューサー
サンシャインマキです。

6月、梅雨の時期に突入ですね!
机の上で「6月は梅雨の時期です」と学ぶより、実際に雨が降っている窓をみながら「梅雨の時期だねー」という表現を繰り返すことで子どもたちって言葉を体得していきますよね。
日本語を母国語としている私たち大人が、自然と行っている教え方であり、子どもたちにとっても一番学びやすい方法です。

ところが「英語」となると、とたんに勉強になってしまう。
英語は、「英語の時間」に学ぶもの。
英語は、「英語の先生」から学ぶもの。
という形になってしまっているから、リアル感のない、勉強英語ばかりを教え込もうとしてしまうのです。
もっと原始的な、もっと基本的な、体感から得られる学びを増やしてみませんか?

雨が降っている園庭を見て
“It is raining”
“It is a rainy day”
“It is a rainy season”
雨が止んだ空を見て
”It stopped raining”
“It is not raining any more”

など繰り返し声かけしていたら、子どもたちは自然と
雨=rainと理解して果敢に使ってみるようになるでしょう。

ABCの書き方を学ぶより、文法を学ぶより、I am fine, thank you, and you? という心のこもっていないフレーズを反復するより、必ず子どもたちの耳に、心に、記臆に残る英語を伝えていくことができますよ!

英語が苦手だった保育園・幼稚園の先生でも一緒に学びなおす感覚で取り入れていただけると思います。

子どもたちの未来のために、今、できることをスタートしてみませんか?

累計6000ダウンロードを突破!

全国のママ・パパからご好評いただいております。親子で歌うかんたん英語歌「アットホームソングス
「親子」としていますが、もちろん先生と子どもたち、そして大人だけでも楽しく英語が学べます。

Senseducation 代表 アットホーム留学プロデューサー ママ・パパが先生に!

maki-mail-magazine-banner-2048-no-renewal

子どもたちの「やさしいこころ」が育つ。あたらしい英語「楽」習。アットホーム留学。人を想うやさしいこころを持って、人を、家族を、世界を照らす「光」になれる子を育むために.子どもたちの一番身近な存在であるママ・パパ、そして学校の先生方向けに「愛」、「こころを動かす力(感性)」、そして、暮らしも含めた「環境」に焦点をあてた、英語の学びだけでは終わらない英語楽習を提供している。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題