読書の機会を増やして知見を広める

Audible公式サイト

 忙しい保育者の中には、本を読みたくてもなかなか時間がとれないという方が多いかもしれません。本を読むことで他者の経験に学ぶことができることから、ビジネスマンの間では様々な読書法が話題になっています。

 「Audible(オーディブル)」は2015年にAmazonの関連会社が開始した「本を聴く」サービスで、プロのナレーターや俳優陣が吹き込んだ朗読を楽しむことができます。現在20以上のジャンルを月額1,500円の定額料金で利用することができ、対応機種は、iPhone ・iPadのiOS端末、Android端末で、専用のアプリケーションが用意されています。書籍はダウンロード方式なので、ライブラリにダウンロードしておけば、いつでも楽しむことができます。

 また、10分間リーディングという手法も人気です。これは、以下の3つのステップによる速読手法です。

  • 1. 「目次」や「はじめに」「おわりに」を参考にサブタイトルを付ける
  • 2. 本をめくりながら、気になったページを部分的に読み、キーワードや要点をメモする
  • 3. 誰かに話すなどアウトプットするという
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

関連商品

※ 掲載商品の価格は公開当時の価格となっております。

  • 園向けnanoty

注目の話題