子育て版地域包括ケアの姿2

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 市場縮小業界における経営方針に「複合化」という考え方があります。幼稚園や保育園における「子育て版地域包括ケア」もこの考えに基づいています。複合化とは、「事業を組み合わせて掛け算的に相乗効果を創る」ということです。複合化のポイントは2つあります。

  • 顧客対象を変えずに提供する価値を変える
  • 提供する価値を変えずに顧客対象を変える

 前者を「価値スライド」と呼び、後者を「顧客スライド」と言います。幼稚園を例にとりますと、近年増えているアフタースクールの併設は、対象は小学生、教育という提供価値は変えない事業ですので、「顧客スライド」ということです。この2つが複合化の判断基準になります。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題