昆虫映画「アリのままでいたい」

 3年の製作期間を費やし、日本に生息する50種類以上の昆虫の生態を記録したドキュメンタリー映画「アリのままでいたい」が7月11日より全国の映画館にて公開されました。

 この映画は昆虫写真家の栗林慧氏が「アリの目カメラ」と呼ばれる医療用の内視鏡を改良した特殊なカメラで撮影した映像を3D化。カブトムシやクワガタムシ、カマキリなど身近な昆虫たちと同じ目線で、その世界を冒険することができます。

昆虫映画「アリのままでいたい」サイト
執筆者
鈴木あゆみ

パステルIT新聞編集長。特集の企画・ライティングほか、紙面全体の編集を担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題