お泊まり保育の時間割表をつくっちゃお!

main

 子どもたちが楽しみにしている夏の行事「お泊まり保育」は多くの園で実施されています。お父さんやお母さんと離れ、朝も夜も先生やお友だちと一緒に過ごす時間は特別。子どもたちはドキドキワクワクですね。お泊まり保育ではどんなことをして過ごすのか、事前にイメージを膨らめて注意することを確認したり、当日の進行の補助教材として使用したりできる、時計型の時間割表(タイムテーブル)をつくってみてはいかがでしょうか。今回はExcel(エクセル)2013でつくる方法を紹介します。

操作手順

時間軸の設定1

 Excel を開き、A列には24時間を示す数字(0~23)を入力します。この時、数字の前に「’ (アポストロフィ)」を付けて、文字列として扱えるようにしておきましょう。B列には全て数値で「1」を入力します。A列とB列につくった表を範囲選択し、ドーナツのグラフを作成します。

01
セル内の数値の先頭に「(’ アポストロフィ)」を付けることで、Excel はその数値を文字列と認識してくれます。表をドラッグして範囲選択し、[ 挿入 – グラフ – 円またはドーナツ グラフの挿入 – ドーナツ – ドーナツ ] を選択すると、均等に割られたドーナツ形のグラフが出来上がります。

時間軸の設定2

 次に[ グラフツール ]の[ デザイン ] タブを開き、[ グラフのレイアウト – グラフ要素を追加 ] から、[ 凡例 – なし ] で凡例を非表示、[ データラベル – その他のデータ ラベル オプション ] でデータラベルを表示させます。ここで、画面右に表示された[ データラベルの書式設定 ]の[ ラベルオプション ]で、[ 分類名 ]にチェックを入れ、[ 値 ]のチェックを外すと、時間の数字がグラフ上に表示されます。また、[ ラベル オプション ]の横にある[▼] を押しプルダウンメニューから[ 系列1 ] を選択。[ 系統のオプション ] に切り替わったら[ ドーナツの穴の大きさ ] で時間幅を調整しましょう。

02
[ グラフツール ] では、グラフの様々な編集を行えます。[ デザイン ] と[ 書式 ] タブを切り替えて、凡例(グラフの意味を説明するもの)やデータラベル(グラフ内に表示するデータ)などを自由にカスタマイズしていきましょう。グラフの種類によって選択できるボタンは異なります。

時間軸の設定3

 時間割の内容は、グラフの中央に、[ 挿入 – 図 – 図形 – パイ ] を選択して描き、黄色い四角のハンドルを調整して必要な時間分の形をつくっていきましょう。

03
[ パイ] の図形は、キーボードの「Shift」を押しながら描きましょう。また、同じ高さの図形を作成する必要があるため、あらかじめ同じサイズの図形を複数コピーし、中心の位置を合わせてから各図形のハンドルを調整すると、時間割の図形をキレイに配置させることができます。

ポイント

ポイント01
「現在の選択範囲」の機能

 グラフの編集をする際、グラフがうまく表示されていなかったり、変更したい系列(項目)の選択がしづらかったりする場合があります。その場合には、[ グラフツール ]の[ 書式 ]タブにある[ 現在の選択範囲 ] からグラフの要素を確認し、選択したい系列を選ぶと、必要な系列(項目)のみを選択することができます。また、グラフの詳細設定をしたい場合は、[ 選択対象の書式設定 ] をクリックすると、選択している系列に対して細かく編集を行うことができます。

執筆者

3面とスケジューラー担当のパステルIT新聞編集スタッフ。
パステルショップの店長も兼任しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題