公定価格アップに一喜一憂!? 1

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 2月5日の子ども・子育て会議で公定価格(案)が発表されました。当初仮単価として出ていた「質改善前」「質改善後」を上回る単価に改善されていたことは読者の皆さまもご承知のことと思います。特に小規模保育の公定価格は飛躍的にアップしていたことに驚きです。

 当初消費税10%アップによる0.7兆円を財源にする予定でしたが、増税は先送りとなり、結局0.5兆円も確保したわけです。国の姿勢が表れた結果だと思います。しかし、同時に国の制度改定として「227%の介護報酬の引き下げ」が決まりました。これも非常に驚くべきニュースです。これが何を意味するのか。今私たちはそれを考えなければならないのです。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題