ネット取引の気軽さゆえの落とし穴 最新のネット被害と回避法

事例を交えて説明する山田氏

 インターネット利用者が増えたことで、トラブルも増えています。私たちはネット上の詐欺や悪徳商法の現状を把握し、被害に遭わないよう心掛けることが必要です。

 ライフサポートセンターしずおかは、近年インターネットに関する相談件数が増えたことを受け、静岡県労働金庫との共同主催で「知っ得情報講座『ネットの落とし穴』」を県内各地で開催。司法書士の山田茂樹氏を講師に招き、迷惑メールや架空通販サイト、悪徳ネット広告などの詐欺手口とその回避法を啓発しています。

 「世間に出回っているメールの70%は迷惑メール。それだけありふれているものと認識して注意が必要」と山田氏はネットトラブルの危険性を示唆。人間の心理や行動の弱い部分をついた手口の巧妙さや、その上で騙されないよう回避する方法を学んだ参加者は大きくうなずいていました。

ライフサポートセンターしずおか
知っ得情報講座『ネットの落とし穴』開催報告
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題