ハロウィンのミニカードをつくっちゃお!

 10月31日はハロウィン。仮装をしてパーティーやゲームで盛り上がりますね。今回はハロウィン用のオリジナルミニカードをパワーポイントでつくる方法を紹介します。

操作手順

台紙A-1

 台紙は2種類用意します。まず、台紙Aをつくります。スライドの向きを[ デザイン – ページ設定 – スライドの向き ] から[ 縦 ] に変更し、スライド内を半分に分割。こうすることで、ミニカードを2つつくることができます。[ 表示 – 表示 ] から[ グリッド線 ]または[ ガイド ]にチェックを入れるとスライドを分割する点線が表示され、レイアウトの目安になります。

01
[ グリッド線 ] にチェックを入れると等間隔に縦横の点線が表示されます。[ ガイド ] にチェックを入れると、縦横半分に点線が表示され、ドラッグ操作で移動できます。これらを利用すると、文字や図形のレイアウト時に目安となります。

台紙A-2

 スライドの半分に[ 挿入- 図 – 図形 ] から横幅が等しい長方形を縦に3つ描きます。この時、下の2つは同じ縦幅、一番上は下の2つよりも縦幅が短くなるよう描きます。一番上の長方形は、このあとつくる台紙Bを貼り付けるパーツ、下2つの長方形はメッセージなどを書くパーツです。印刷時に長方形の色を「なし」にして色画用紙の色を活かす方法もあります。

02
図形を1つ描いたら、キーボードのCtrl キーとShift キーを押しながら上または下方向にドラッグし、垂直に複製します。同様にもう1つ図形を複製したら、縦を短くします。3つの図形をグループ化してスライドのもう半分に複製しましょう。

台紙B

 新しいスライドを挿入し、台紙Bをつくります。まず、台紙Aで描いた一番上の長方形をコピーし、スライドの一番下に配置します。長方形の上にハロウィンに合ったイラストを配置します。ハロウィンのかぼちゃのイラストを図形でつくる場合、かぼちゃの本体を楕円、目は三角、口は月でつくることができます。

03
台紙BもA同様に、スライドを半分に分割し、2つの台紙をつくります。印刷したあと、かぼちゃのイラストの目と口をくり抜くと、カードを閉じた時に台紙Aの色が見えるしかけになります。ハロウィンに関連するイラストを配置して色んな種類のカードをつくりましょう。

組み立て

 台紙AとBを印刷して切り抜いたら、台紙Aの一番上の長方形と台紙Bの長方形を重ねて貼り、折り畳めば完成です。シールを貼ったり、装飾したりすると雰囲気がぐっと良くなりますね。

04
台紙AとBを重ねた下を山折り、台紙Aに作った同じサイズの長方形の境目を谷折りにします。台紙Aにはペンでメッセージを書いたり、メッセージ用の台紙を用意して貼り付けたりもできます。サイズや用紙を工夫すれば、メッセージカードのほか、席札や案内版にもなりますね。

ポイント1

ポイント01
色画用紙

 背景色はカラー印刷をせず、色画用紙に型のみを印刷して使っても良いですね。大王製紙の色画用紙はパステルショップでも購入ができます。ハロウィンカラーなら、黒は「くま(こいくろ)」、と「オレンジ」がおすすめ。サイズも四ツ切や八ツ切などが選べます。また、今回紹介したハロウィンのミニカードはテンプレンジャーのコーナーからテンプレート(型紙)をダウンロードすることができます。

パステルショップ
執筆者

3面とスケジューラー担当のパステルIT新聞編集スタッフ。
パステルショップの店長も兼任しています。

  • メールマガジン無料配信中 購読はこちら
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!

関連商品

※ 掲載商品の価格は公開当時の価格となっております。

  • えんカフェ
  • パステルブログ

注目の話題