2014年における園経営2

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 2014年の保育業界は、「ハコは増えるがヒトはさらに足りなくなる」という1年になります。有名な経営理論「ライフサイクル理論」は、どんな業界も 導入期 → 成長期 → 成熟期 → 安定期(衰退期) というサイクルを描き、その時期に応じて経営課題、経営テーマが変わるという理論です。幼稚園、保育園がどの時期かという点について、その細かな判断基準は割愛しますが、結論から申し上げますと、幼稚園は成熟期、保育園は成長期ということが出来ます。よって、幼稚園と保育園では経営課題、経営テーマは異なり、これを前提として2014年も経営を考えなければならないのです。そして、この時期の異なる業界が一緒になるという意味を知る必要があるのです。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題