2014年における園経営1

執筆者
大嶽広展

株式会社船井総合研究所
保育事業コンサルティングチームリーダー

保育園の組織改善、オペレーション体制の整備・保育所新規開設支援で多くの成功を導き出している。NHK「おはよう日本」他出演多数。
【問合】03-6212-2931

 まず2014年がどういった年になるのかを知ることが大切です。安心こども基金が継続、追加され、厚生労働省予算は増えます。さらに内閣府から保育緊急確保事業として消費税増税分が増えます。待機児童解消加速化プランは昨年よりも今年の方が加速するでしょう。それによって何が起こるかは明確です。

 (1)都心部での認可保育所新規開設が急増
 (2)都心部で小規模保育が増える
 (3)昨年よりもさらに人材採用が困難に

 この3つを押さえておけば2014年の動向はある程度見えるのではないでしょうか。「ハコは増えるがヒトはさらに足りなくなる」という1年なのです。このマクロな方向性から皆様各法人の環境に応じた経営を考えなければなりません。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題