オルフィス プリントの達人 Vol.5 名前入り箸袋をつくろう

名前入り箸袋を
つくろう
行事食を通して楽しく食育活動!名前が入った箸袋で、子どもたちに大切な食事作法や文化を伝えてみてはいかがでしょうか。

食事作法・文化を意識

 日本の風習を特に意識するお正月。子どもたちにも改めて礼儀作法を伝える良い機会ではないでしょうか。お正月に使う箸を入れておく箸袋をオリジナルで作成して、食事作法や文化に関心を持たせましょう。

簡単箸袋づくり

 箸袋はWord のテンプレートを使用すると簡単に作成できます。Wordを起動したら[ ファイル – 新規作成 – Office.comテンプレート ] の検索窓に「箸袋」と入力して検索をします。テンプレートが表示されるので、任意のものを選択して画面右側の[ ダウンロード ]を選択。箸袋のテンプレートは図形の組み合わせでできているので、図形を選択して描画ツールの[ 書式-図形のスタイル ] から色を変更したり、[ 挿入- 図 – 図 ]からパソコン内に保存されたイラストなどを取り込んだりしましょう。イラストがない場合も、[ クリップアート ] からあらかじめOffice に用意されているイラストなどを使用することもできます。

園児の名前を入れる

 箸袋に子どもの名前を入れる場合、事前にExcelで縦一列に園児名のみ入力したファイルを用意し、Word の差し込み機能を使用します。[ 挿入 – テキスト – テキストボックス ]からテキストボックスを挿入。[ 差し込み文書 – 差し込み印刷の開始 – 宛先の選択 – 既存のリストを使用 ] からExcel ファイルを選択します。次に[ 文章入力とフィールドの挿入 – 差し込みフィールドの挿入 ] から名前を選択すると、名前が自動的に差し込まれます。結果のプレビューを確認してから印刷をしましょう。(上図1)

新オルフィスならカラー印刷も早く安く!

 理想科学工業の高速カラープリンター「オルフィスEX9050」なら、カラーデータを1枚1.56円、1分間に150枚の高速プリントが可能です。園児の名前入り箸袋も、全員分があっという間に印刷できてコストも気になりません。用紙も幅広く対応しているため、厚紙用紙のしっかりとしたつくりの箸袋もつくれます。印刷物を上手く活用して文化を大切に伝えましょう。

執筆者
豊島直子

サポートセンタースタッフです。

提供
理想科学工業株式会社
http://www.riso.co.jp/product/orphis/index.html
  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題