保護者向け救急のお助けサイト

こどもの救急

 9月9日は、救急の日。救急医療に対して理解や認識を高める1日で、保育現場でも家庭でも意識していきたいものです。そこで保護者に案内したいサービスが、夜間や休日などの診療時間外に病院を受診すべきかどうか判断する目安として設立されたWebサイト「おかあさんのための救急&予防サイト こどもの救急」です。社団法人日本小児科学会の医療の専門家が監修しているサービスで、子どもの気になる症状をチェックしていくと、受診を急ぐべきなのか自宅看護でもよいのか、次のアクションを示してくれます。

こどもの救急
執筆者
八木侑子

2・4面担当のパステルIT新聞編集スタッフ。ライティングだけでなくデザインも担当しています。

  • Twitter情報配信中
  • Facebook 制作秘話公開!
  • 園向けnanoty

注目の話題